WordPressで勝手に出力される不要コードを消去する方法

WordPressで勝手に出力される不要コードを消去する方法

WordPressはとても親切に沢山の機能を追加してくれますが、その大半は活用されていません。

ですので毎回私は消去しています。

この方法を今回はご紹介していきます!

以下全てテーマフォルダの「functions.php」に記述します。

WordPressの不要なコード1:絵文字スタイル

WordPressバージョン4.2以上では「絵文字」を扱えるようにcssとjs及びその処理が追加されます。

Webサイトに絵文字を使うなんてナンセンスな気がします。。。

絵文字のコードを消去する

// 絵文字消去
remove_action('wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7);
remove_action('wp_print_styles', 'print_emoji_styles');

 

WordPressの不要なコード2:meta generator

これはHTMLのmetaタグに「このサイトはWordPressで作成されましたよ」という記述をするものです。

誰のために出力しているんだ…って感じなので消しましょう。

meta generatorのコードを消去する

// meta generator消去
remove_action('wp_head', 'wp_generator');

 

WordPressの不要なコード3:外部投稿ツール

WordPressの管理画面以外のツール「Really Simple Discovery」「Windows Live Writer」をサポートするためのコードがデフォルトでは追加されています。

使用していない方は消去しておきましょう。

外部投稿ツールのコードを消去する

// 外部投稿ツール消去
remove_action('wp_head', 'rsd_link');
remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link');

 

WordPressの不要なコード4:短縮URL

WordPressでは記事などのURLを短縮する機能があります。

パーマリンクを綺麗に保っている方には特に必要無いですね。

短縮URLのコードを消去する

// 短縮URL消去
remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head');

 

WordPressの不要なコード5:デフォルトjQuery

WordPressでは標準でjQueryを読み込みます。でも自作テーマで最新版のjQueryを読み込んでいたり、jQueryを全く使わない仕様になっている場合は消去しておきましょう。

デフォルトjQueryの出力コードを消去する

// 標準のjquery消去
function delete_local_jquery()
{
 wp_deregister_script('jquery');
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'delete_local_jquery');

古いプラグインなどをインストールしている方は、そのプラグインが動かなくなる場合があります。

 

WordPressの不要なコードを消去するだけで若干表示スピードが向上します。

基本的に使わない物は捨ててWordPressの断捨離をしておきましょう。

WordPressの高速化の方法を解説している記事もありますので、参考にどうぞ。

WordPressを高速化するための5つ方法

WordPressカテゴリの最新記事