【WordPressに最適】おすすめのレンタルサーバー4社比較

2 min
WordPress

皆さん、こんにちは!

今回はWordPressに最適なレンタルサーバーの紹介です。
皆さんはサイトを立ち上げる際にどこのレンタルサーバーを選べばいいか迷うことはありませんか?

私もその一人で、レンタルサーバー5社くらいを乗り換えたりしていました。
なので実際に契約してみて良いと感じたレンタルサーバーを紹介します!

WordPressに最適なレンタルサーバー5選

WordPressでサイトを開設する上で重要なのは以下です。

  1. セキュリティ
  2. スピード
  3. 価格
  4. 難易度

特にWordPressはオープンソースのCMSなので悪質な攻撃を受けやすいです。
なのでセキュリティは万全にしておきましょう。

スピードはSEOやユーザービリティに直結します。
表示スピードが遅いとアクセスが伸び悩む原因にもなりかねません。

価格や操作難易度は初回に立ちはだかる壁です。
こちらもできるだけハードルは下げたい。

当サイトで採用「wpX Speed」

wpX

エックスサーバー社が提供しているWordPress専用クラウド型のレンタルサーバーです。

特長はとにかく速いです。
実際に体感スピードは他社と比較すると明らかに違いました。

また料金は初期費用なしの月額1,200円〜と良心的です。

管理画面もかなり使いやすく、セキュリティの設定も自身で行えます。

「wpX」の機能と料金

項目名内容
価格月額1,200円〜(初期費用無し)
マルチドメインあり(無制限)
転送量2.5TB〜/月
無料SSLあり
メールアドレス発行あり(無制限)
PHP7.4、7.3、7.2

安心と信頼の老舗「さくらのレンタルサーバー」

さくらのレンタルサーバー

レンタルサーバーといえば、さくらインターネット。

特長はとにかく安いです。
WordPressが使える最安のプランは月額524円!

ちょっと前までは、管理画面が少し使いづらいなどの声がありましたが、最近色んな方面でアップデートをしているようで改善されてきています。

個人的な経験からセキュリティは少し不安です…

「さくらのレンタルサーバー」の機能と料金

項目名内容
価格月額524円〜(初期費1,048円)
マルチドメインあり(100個まで)
転送量80GB/日
無料SSLあり
メールアドレス発行あり(無制限)
PHP7.4、7.3、7.2

バズっても安心「ロリポップ!マネージドクラウド」

ロリポップ!マネージドクラウド

格安サーバーの代名詞「ロリポップ!」の重量課金型クラウドサーバー「ロリポップ!マネージドクラウド」。

月額1,000円以下なのにオートスケール機能がついています。

AWS EC2のようなオートスケールは高くなりがちですが、こちらのレンタルサーバーは初期費用がかなり抑えられます。

もしPVが突然急増しても安心です!

しかしマネージドサーバーなので設定やインストール等の操作は上級者向けです。

「ロリポップ!マネージドクラウド」の機能と料金

項目名内容
価格月額980円
マルチドメインあり
転送量制限なし(上限を超えると2円/1コンテナ)
無料SSLあり
SSH接続可能

速さと機能の両立「ConoHa WING」

ConoHa WING

国内最速を謳っている「ConoHa WING」。

個人的には本命のレンタルサーバーです。
価格も800円〜と安めで、なんといってもWordPressかんたんセットアップ機能が魅力的です。

サーバーはもちろんのこと、ドメイン・WordPressインストール・テーマインストール・SSL導入を一括で行なえます。

ですので契約からワンストップですぐにサイトを開設を始めることができます。

「ConoHa WING」の機能と料金

項目名内容
価格月額800円〜(初期費用無し)
マルチドメインあり
転送量4.5TB〜/月
無料SSLあり
SSH接続可能
PHP7〜、5〜

まとめ

サービス月額費用スピードセキュリティ難易度
wpX Speed1,200円〜高速
さくらのレンタルサーバー524円〜中速
ロリポップ!マネージドクラウド980円中速独自で構築
ConoHa WING800円〜高速
Anyushu

Anyushu

1993年生まれのWEBエンジニア。京都のITベンチャー企業で頑張ってます。趣味はサッカー観戦(ドルトムントファン)・映画鑑賞(年間200本観てます!)・メディアサイト巡回を日々しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事