WebPがいよいよSafariで対応!リリース内容まとめ

1 min
safari14がwebp対応

皆さん、こんにちは!

2020年6月にAppleが発表したSafari 14 Betaのリリース内容の中に個人的に興味深いものがありました。

Safari 14 Beta Release Notes

Added WebP images support.

ついに!
SafariでもWebPが対応されるようです!

これはWeb畑でエンジニアをやっている人にはかなり嬉しいアップデートではないしょうか?

日本ではほとんどの人がiPhoneを使っているので、スマホのページスピード最適化でWebPという選択肢を捨てていたと思います。

それが対応となると個人的にはかなり嬉しいです。またSEO的にも良い影響を与えられるかと思います。

そもそもWebPとは

WebPとは、Googleが開発したウェブサイトの表示スピードを改善する目的で開発した画像のフォーマットです。

今までの対応ブラウザは以下になります。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox 65以降
  • Microsoft Edge
  • Opera

Safari 14 リリース内容まとめ

WebP対応の他にもたくさんあったので簡単ではありますが、興味深いものをまとめます。

  1. HTTP/3の対応:HTTP/2より更に速くなるらしい。
  2. Adobe Flashのサポート終了:まだサポートしていたのか。
  3. 翻自動訳機能:日本語は非対応
  4. 疑似セレクタの「:is()」と「:where()」のサポート:CSSがとても短くなりそう。
  5. CSSプロパティ「image-orientation」のサポート:画像の向きを調整できるようになった。
  6. Bootstrapのscriptをサポート:ブートストラッパーにはかなり嬉しい
Anyushu

Anyushu

1993年生まれのWEBエンジニア。京都のITベンチャー企業で頑張ってます。趣味はサッカー観戦(ドルトムントファン)・映画鑑賞(年間200本観てます!)・メディアサイト巡回を日々しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事