初心者向け!ブログで行うべきSEOの対策ポイントを全て紹介します

2017年11月6日SEOGoogle, 初心者向け

みなさん、こんにちは!

今回はブログ運営初心者の方に向けたSEOの対策項目をまとめて一挙に紹介いたします。

実際に私がコンテンツマーケティング事業を運営する企業に務めて、苦労しながら発見したものですので必ず効果は期待できます。

もちろんメジャーなものも織り交ぜていきますので、知っている情報などはすっ飛ばして下さい。

まずGoogle推奨するSEOを知る

Googleはとても親切に基本的なSEOで行う項目をとても詳しく説明しています。

検索エンジン最適化スターターガイド

まずはこれを必ず読むことです。

いきなりネットサーフィンで調べまくってよせ集めた情報だとやはり穴が出てきてしまいます。

何事もまずは基本を抑えることからです。

逆にしてはいけないこと

対策項目の洗い出しの前に絶対にしてはいけないことを紹介していきます。

むやみに投稿を更新し続ける

これが1番ダメです。

Googleのアルゴリズムは日々進歩しユーザーを第一に考える仕組みになっています。

つまり内容の薄い記事や利益の無い記事を更新し続けることにより、Googleはそのサイトがユーザーにとって不利益なサイトと判断してしまいます。

執筆・更新の労力が全くもって無駄になってしまいますよ?

似たような投稿をアップする

記事の重複というやつです。

これはサイト内でも他サイトでも同じことが言えます。

サイト内で同じような投稿があると内容の重複しこれまたGoogleのアルゴリズムに嫌われます。

他サイトの投稿と同じような投稿をアップすることも同じです。

もしあなたが他サイト同じような投稿をアップし、その投稿が他サイトの投稿よりも質が低ければ全く意味がないです。

出来るだけ投稿の重複は避けましょう。

SEOの対策で行うべきポイント

それでは本題のSEOの対策ポイントを紹介して行きます。

ポイント1. キーワードを決める

つまりアップする予定の投稿のキーワードを定めることです。

この時に多くの人が読み手を無視してキーワードを決めていることがあります。

とても質の高い投稿を書き上げたとしても、その投稿のキーワードが世間の人にとって全く興味のないキーワードだった場合、検索すらされません。

ですのでGoogleが提供しているキーワードプランナー(有料)aramakijake.jp(無料)のようなキーワードの月間ボリュームを調査してからキーワードを決定し執筆する投稿を模索しましょう。

ポイント2. 投稿のタイトル決める

なんとなくタイトルを決めていませんか?

高い順位でなくとも検索結果に表示されるとクリックされる可能性は大いにあるわけです。

この時にクリックされるかされないかで今後のSEOに大きく影響されます。

気をつけることとしては、

  1. クリックしたくなるようなタイトルになっているか
  2. 利益が伝わるかつ簡潔になっているか
  3. 決めたキーワードが入っているか

この3つだと私は思います。

検索結果に表示されたタイミングで他のサイトと差別化出来るように心がけけることが大切です。

具体的なタイトルの付け方を紹介している記事を貼っておきます。

ポイント3. 投稿のURLに気をつける

「WordPres」や「はてなブログ」では投稿に対してURLを設定出来ます。

この時に全角文字がやたらと入っていたりだとか、とても長いURLになっていませんか?

このような長いURLや可読性の低いURLはGoogleから嫌われます。

出来るだけ短く簡潔な半角英数字に設定しましょう。

ポイント4. 出来るだけ序章で全体の概要を伝える

人間もGoogleのロボットも同じく文章は上から順番に見ていきます。

つまり序章で全体像がつかめないととても読みづらい文章となります。

なので投稿の始めの方に出来る限りキーワードや情報を盛り込み、問題定義や簡潔なまとめを書くほうが良いです。

ポイント5. 画像は出来るだけ圧縮する

画像は画質が綺麗な方が良いのは間違いないですが、ページの読み込みスピードに大きく影響します。

これによりユーザーには退屈な時間を与えてしまい、結果的に読み込む前に離脱する場合もあります。

ページの離脱が高くなるとGoogleはユーザーにとって悪いページとみなし結果検索順位が下がっていまします。

私がよくお世話になっている画像圧縮のWebサービスを貼って起おきますので是非活用して下さい。

ポイント6. 内部リンクを追加する

上記の画像の圧縮での項目で少し触りましたがページ離脱が多いと検索順位が下がっていまします。

逆にページの離脱を少なくすれば検索順位が上がるかもしれないということです。

内部リンクを追加することによりユーザーはサイトを巡回してくれるようになります。

ここで気を付けなければいけないのは、無駄に内部リンクを追加しないこと。

関連性がある内部リンクを追加しユーザーのサイト巡回率を増加させましょう。

WordPressやはてなブログでよく見かける「ブログカード」と言われるものが個人的には有効かなと思います。

テキストのリンクやボタンリンクよりも情報が多くクリックすることに抵抗があまり無いからです。

ポイント7. 読み手の気持ちを考える

これが1番重要です。でも1番難しいことでもあります。

読み手の気持ちがわかれば上記で説明した全ての項目が必然的に解消されていくはずです。

ブログ運営初心者やライター初心者によくあるのが1番理解するべき相手をGoogleのアルゴリズムだと思っている方が多いです。

SEO対策=ユーザーの目線に立つ これが全てです!

まとめ

長々と説明してきましたが、全てはユーザーの目線に立って考えれば解決することばかりなのです。

サイトを立ち上げる・投稿を作成する前にまずユーザーの目線に立ちその上で事を起こしましょう。

私も最初はSEOを行うにあたって技術的な面や知識を身に着けようともがきましたが、結果は思うようになりませんでした。

暇つぶしがてらに書いた趣味の投稿が何故かヒットしたその日に気が付きました。

同じ趣味を持った人が沢山読みに来てくださった、つまり私と同じ目線を持つ人だけがその投稿の読み手になったわけです。

全ての読み手の目線に立てたら良いのになーと思いながら日々生きています(笑)

では、また合う日まで!

 

他のSEOに関する記事はこちらからどうぞ!