【笑って泣ける名作】おすすめのラブコメ・恋愛洋画10選

2017年11月2日ひといき, 映画ラブコメ, 恋愛

このブログではアクション映画SF映画を紹介致しましたが、今回は恋愛・ラブコメ洋画のご紹介です!

なんかWebのブログ記事よりも映画の記事の方が当サイトでは人気のようです(笑)

私個人としてはなんとも言えない気持ちですが…

そんなことは放っておいてさっそくご紹介していきましょう!

絶対に観るべきおすすめラブコメ・恋愛洋画10選

ランキングをつけようか迷いましたがどれも観てもらいたいので、順不同でご紹介していきます。

あと1センチの恋

こちらの恋愛映画は2014年に公開されましたイギリス・ドイツの合作の洋画です。

幼馴染の友達以上恋人未満の関係をいい歳の大人までこじらしてしまう2人のもどかしさを描いた映画です。

お互いに近すぎる関係が、逆に本当の想いを伝えられない…

本当に好きな人には思い切って気持ちをぶつける大切さを気づかせてくれます。

シンデレラ・ストーリー

2004年にアメリカで公開されたラブコメ映画です。

あの有名な童話「シンデレラ」のストーリーを現代に例えた映画です。

不慮の事故により大好きだった父親をなくし、意地悪な再婚相手の母親と双子の姉妹と暮らすことになる主人公。

唯一の楽しみは、ネットで知り合った同じ高校のメル友とメールをすること。

そんなメル友は実は高校イチのモテ男。

実際に素性を伏せて会うことに成功するが住む世界が違いすぎて、もっと現実に悲しむことになる…

シンデレラを現実に例えるという だけあって少し見てて、悲しい部分もありますが笑って泣ける素晴らしいストーリーです!

世界一キライなあなたに

2016年に公開された恋愛映画。

主人公のルーはイギリスの田舎で貧しい暮らしをしている女性。

働いているカフェが閉まることになり、なんとか介護の仕事に就く。

その介護相手は全てを手に入れている男ウィル。

そのウィルは不慮の事故により車椅子生活を余儀なくされる。

全てを手に入れたからこそ、車椅子生活という現実を受け入れれず生きる希望を失っている。

ルーの明るい性格にウィルも段々心を開くが、ウィルのとある決心がキッカケに2人の関係が…

とにかく観て下さい!感動して涙ちょちょ切れること間違いなしです。

ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日

2008年公開のイギリスのラブコメ映画です。

顔はイマイチ。スタイルもいいとは言えない。笑いをとることは誰にも負けない。

そんな明るい女の子が、転校してきたイケメン男子を彼氏にするため、奮闘する姿が描かれています。

頑張ってイケてる女になるため色んなことを試すが全部空回り…

無理して本当の自分を偽っている女の子に、是非おすすめしたい!そんなラブコメ映画です。

ハッピーエンドが書けるまで

2015年に日本で公開されたアメリカの恋愛映画です。

3年前に離婚したベテラン作家の父は、別れた妻に未練たらたら。

娘サマンサは、父の影響で作家として独立する。

一方サマンサの弟はティーン・エイジャーを謳歌しようと奮闘中。

離婚した母に恨みを持っている娘だが、弟の恋愛・自身の恋愛など環境の変化によって、それぞれ3人は未来へ進んでいく。

家族全体の恋愛を描く少し変わった恋愛映画です。

家族の絆を感じれるとても魅力的な恋愛映画ですので是非!

ウォールフラワー

2013年に公開されたラブコメ映画です。

ラブコメ映画としてカテゴリーしましたが、青春映画といったほうがしっくりくる内容です。

高校生活になれない主人公がある日変わった兄妹と出会うことで、高校生活が一転する。

世間の問題を高校生活という縮図に当てはめたような映画です。

人間関係・恋愛・ドラッグ問題・性問題などなど…

どのシーンを切り取っても内容の濃いラブコメ映画映画ですので、ありきたりなラブコメ映画映画に飽きた方におすすめです。

恋人はゴースト

2005年にアメリカで公開された恋愛映画です。

今では有名になったアベンジャーズのハルク役でお馴染みのマーク・ラファロが主演しています。

仕事が命の女性、エリザベスが突如交通事故により亡くなります。

エリザベスが住んでいたアパートに越してきたデヴィット。そこに自分は生きていると言い張るゴーストのエリザベスが出現する。

デヴィットは渋々ゴーストの共同生活を始めます。

最初はよくある設定であまり期待はしていなかったのですが、終盤になるにつれて魅入っている自分がいました。

ユー・ガット・メール

1998年公開のアメリカ映画です。

メールが復旧し始めたころの時代背景。

小さな老舗の本屋さんを営む女性と、すぐ側でカフェを併設する流行りの大型書店を営む男性。

2人は顔を会わせればすぐいがみ合い。

2人の唯一の楽しみはインターネットで知り合ったメル友とメールをすることなのだが…

少し時代背景が、考え方が違う2人が惹かれ合う姿はいつになっても良いものです。

魔法にかけられて

2008年に公開されディズニー映画。

婚約が決まっているプリンセスを恨んだ魔女はプリンセスを魔法の国から「永遠の愛が存在しない世界」現代のニューヨークに追放する。

仕事帰りの弁護士が道に迷っていたプリンセスを助ける。

浮世離れしたプリンセスの言動に戸惑いを覚えるも、天真爛漫な彼女に家族のように打ち解け始める。

プリンセスは現代の恋愛と魔法の国とのギャップに違いに苦しみつつも弁護士に惹かれつつある。

ディズニーのミュージカル要素やファンタジーに現代の恋愛要素を加えた新しい映画です!

プリティ・ウーマン

1990年公開のアメリカ映画。

恋愛映画といえばプリティ・ウーマンという方も多いでしょう。

実業家の男性が1人の娼婦と出会う。そこで話し相手という名目で仕事の滞在期間だけ契約する。

住む世界が違う2人がお互いの生活の違いに惹かれ合い始める。

恋愛に身分の格差やお金なんて関係無い!

そういったメーッセージ性を感じる素晴らしい恋愛映画です。

最後に

いかがでしたか?

パートナーと観るのもよし!1人で観るのもよし!

恋愛・ラブコメだからといって敬遠していた方は一度騙されたと思って観て下さい!

自分の中の何かが変わるかもしれませんよ?