Webライティング捗り過ぎる!オススメの文章校正ツール「文賢」

2017年10月20日WEBおすすめ, クラウド, ツール, 文章校正, 校閲

みなさん、こんにちは!

Webライティング捗っていますか?

もしかして、まだ目視で確認などしていますか?

世の中には沢山の文章校正ツールがあるんです!

今回はその中でもつい最近リリースされた「文賢文献」を紹介します。

最強の文章校正ツール「文賢」

文賢文賢こちらの「文賢」は2017年10月5日に正式リリースされた校閲支援と推敲支援のクラウド型ツールです。

株式会社ウェブライダーという企業が開発しており、株式会社ウェブライダーは「Webマーケティング」「コンテンツ作成」「Webライター育成」の3つの事業を主に取り扱っている企業です。

ですのでWebのライティングに関してはプロ中のプロ。この時点で「文賢」の期待値が高まります。

では実際の使用感などを紹介してきます。

文章校正ツール「文賢」の操作

文章校正の画面

とてもシンプルで使いやすそうです。

機能的には

  1. 「チェック項目の編集」
  2. 「校閲チェック」
  3. 「アドバイス」
  4. 「たとえ表現一覧」
  5. 「推敲のチェック」

がありました。

早速文章の校正をしてもらいます。

校正方法はテキストを画面左のテキストエリアに貼り付けるだけです。

文章校正の結果

意外と少なめでした。(内心ホッとしています)

右にチェックの結果が表示され、ら抜き言葉と敬語などの指摘がされています。

次に推敲のチェックをしてみます。

推敲のチェック

55件もチェックが入りました(笑)

この文章校正ツールが優れている反面、私の文章力が優れていないのがまるわかり…

これは深く受け止めます。はい。

文章校正ツール「文賢」の感想

まずデザイン的な面で見るとおしゃれという感じは無いです。

ただ操作方法がとても簡単で誰でも使えそうだなと思います。

また機能の中に修正を行った文章を印刷したり全文コピーしたりという機能があるので、Webライティングのみではなく、Wordやメールなどの文章にも使えます。

お値段は月々1,980円(税込み)です。初期費用として初月のみ別途5,400円(税込み)が掛かります。

個人的にはかなり安いほうだと思います!

文章校正ツール「文賢」のオススメポイント

  1. 文章チェックの時間が圧倒的に削減できる
  2. たとえ表現などの校正以外の便利機能がある
  3. クラウド型なのでダウンロード等は必要ない

主なオススメポイントはこの3つです。

特にこういった文章校正ツールは文章校正の正確さが重要となってくるのですが、「文賢」は校正の際にヒントや例などを使って表示してくれるので、校正時間はかなり短縮出来るはずです。

文章校正ツール「文賢」の登録方法

文章校正ツール「文献」購入

こちらの「文賢の購入ページ文献」へ入って「購入はこちら」というボタンをクリックします。

フォームを入力し「購入」ボタンをクリックするとPayPalの画面へ遷移します。

そうなんです、購入方法はPayPalのみですので予めPayPalのアカウントを作成しておいたほうがスムーズに購入できます。

またPayPalに残高があるとクレジットでの引き落としではなくなってしまうので、PayPal残高が無い方が楽かもしれません。

文賢の購入はこちら文献

 

最後に

日々の生活やお仕事で文章校正などを手作業でされてる方、もしくは使い勝手の悪い文章校正ツールを使用されている方にはぜひ使っていただきたいツールです。

「文賢」のお陰で私はブログ更新が億劫にならなくて済みそうです(笑)

では、また会う日まで!