【Luxeritas】WordPressテーマとロゴを変更しました!

WordPressKUSANAGI, Luxeritas, テーマ

皆さん、こんにちは!

ご覧の通りサイトのロゴとデザインをガッらと変えてみました。

サイトのデザインはWordPressテーマをXeoryからLuxeritasに移行。

Luxeritasってどんなの?

LuxeritasはWordPressの無料テーマです。

なぜこのテーマに変えたのかですが、1番の決め手はAMP対応でした。

無料テーマでAMPに対応したものはいくつかありますが、LuxeritasはSEOの内部対策がしっかりとなされているのと、テーマのカスタマイズ項目が充実しています。

 

当サイトAnyushu現在の環境やテーマ・プラグインなどを少しご紹介していきます。

Anyushuの環境

まだ当サイトの環境などを述べる機会がなかったのでこの期にご説明します。

当サイトの環境は、

  • サーバー:さくらVPS
  • OS:KUSANAGI
  • 実行環境:PHP5.6、mariaDB、nginx

です。

KUSANAGIのインストールなどを検討している方は、設定などは公式ドキュメントからどうぞ。

Luxeritasのご紹介

Luxeritasは親テーマと子テーマがあり、依存関係にあるのでどちらもインストールする必要があります。

インストール後、子テーマを有効化します。

有効化すると

Luxeritas 設定

メニューの項目にLuxeritasのテーマ設定が追加されます。

ここで全ての設定が出来るようになっていました。

「Luxeritas」→「カスタマイズ」から画面を開くと…

Luxeritas カスタマイズ

「めっちゃありますやん!」

超細かいところまで設定が出来ます!

更に追加ウィジェットを確かめると…

Luxeritas ウィジェット

「これまたむっちゃありますやん!」

ちなみにこれでまだ半分くらいです笑

Luxeritasすげーってなりました。

外観のカスタマイズも沢山項目がありました。

私はWebのエンジニアなので、内部構造やSEOの対策などを施すために、基本的にテーマをダウンロードしたら中身をゴニョゴニョすることが多かったです。

ですが、Luxeritasでは全く弄っていません。

管理画面側で全ての項目を設定出来てしまいました。

Luxeritasインストール後の不具合

良いことばかりだけではなかったです…

インストール後のデバッグや設定をしているとiosのsafariでサイトが旧に真っ白になりました!

原因がわからず30分戦った結果、KUSANAGIのキャッシュ設定がどうやら駄目だったみたい。

Luxeritas以外のテーマで全く同じ環境のサイトが同じサーバーにあるのですが、そちらは問題ない…

Luxeritasのユーザーエージェント処理またはAMPとKUSANAGIのキャッシュ設定がバッティングしたのかなって感じです。

ですのでkusanagiコマンドでfcacheとbcacheをoffにすると元通りでした。

現在の環境で稼働中のWordPressプラグイン

今稼働中のプラグインは7つです。

多分少ない方だと思います。

  1. Akismet Anti-Spam (アンチスパム)・・・スパムブロック。
  2. Google XML Sitemaps・・・XMLサイトマップの生成。
  3. Table of Contents Plus・・・記事の目次作成。
  4. TinyMCE Advanced・・・ビジュアルエディタのパワーアップ。
  5. WP Code Highlight.js・・・文章内でのソースコードハイライト。
  6. WP Multibyte Patch・・・マルチバイト文字の取扱の強化。
  7. WP-Optimize・・・データベースのクリーンアップ。

内訳はこんな感じ。

主に管理画面側・内部側のプラグインのみです。

それくらいLuxeritasは充実していると言えます。

最後にロゴの話

私はデザイナーでは無いので無料のベクター画像を弄って、無料のフォントをインストールしてくっつけだけです笑

でも前よりは良くなったかなと思っているので個人的には満足しています。

以前のロゴ

anyushu old

では、また会う日まで!